読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とかげ手帳

手帳の中身のおすそわけ

読了本まとめ―4月―

 前回から一カ月も経ってしまった。新生活が始まってバタバタしていたからなあ。一カ月分まとめる方式で行こうと思う。

 いつでも本が買える環境というのはとても恵まれていたのだ。と深く思う一カ月だった。ネットで注文すればすぐだが、実際の店舗に行って買うのが醍醐味というものだ。

 さて、4月に読んだ本は4冊。まだ四月は終わっていないけれどこれから一冊読み切るのは難しいだろう。

 まず『諜報員アシェンデン』(私が読んだのは角川文庫版だったが、アマゾンさんになかったので手に入れやすい岩波文庫をあげておく)

www.amazon.co.jp

 ドストエフスキーチェーホフが生まれたロシアに行けるという理由(『お菓子とビール』岩波文庫モーム略年譜より)で諜報活動を引き受けたモームの自伝的作品。病気がちだったのに行くその情熱がすごい。なんて話は置いておいて、ほぼ実話だというからすごい話だ。派手なことは全く起きない。ただ淡々と人間観察と周囲の警戒をしている。けれど緊迫した空気はあってつい窓の外を確認したくなる、そんな話だ。

『ハイ・ライズ』

ハイ・ライズ (創元SF文庫) | J・G・バラード, 村上 博基 |本 | 通販 | Amazon

 J・G・バラード、気になって一冊選んだのがこれ。高層マンションの話なのだが、階層で身分差が出来ていく感じ、今のマンションでも起こりえそうだ。これが1970年代に書かれたんだから、預言者か何かかと思ってしまう。こちらから見ると十分狂っているのに、この世界では当たり前のようになっている。狂っていると感じなければ狂ってはいないことになるのだろうか……?他の作品も読みたくなった。

ヴェネチアー水の迷宮の夢』

Amazon CAPTCHA

 ヴェネチア展に行った時に読もうと思って途中でやめていた。詩的で美しい文章に呑み込まれそうになって、この本自体が迷宮のように感じた。文字が、文節が、文章が、ぐるぐる回る。ヴェネチアはいいぞ。

The Indifference Engine

Amazon CAPTCHA

 水の被害によく遭う本。けっしてわざとではない。おかげでよれよれになってしまった。いったりきたりちょっとずつ読んでいたので読み切った。いやあ、やっぱり面白い。面白いというか、がつんとくる。意識って、人間って、戦争って、自由ってなんだ。自分の中で思考が始まる。たまに読み返して自問自答したい。

 

 海外文学またはSFを読んでいるのは、勉強で読む本と娯楽で読む本を混同したくないからだ。がらっと違う本を読んで頭をリセットしたいからだ。翻訳文体が恋しくなる。せっかく一人の時間が増えたから、月10冊くらいは読みたいなあ。5月も読むぞー!

カフカ好きだよってはなし

 今まで『変身』しか読んでませんでした、すみませんカフカ氏。

 ということで今回はカフカの『城』のはなしをする。

 やっぱり『虐殺器官』の影響です。あとJ.G.バラードが残っている……。

 

 カフカ氏との出会いは小学5年までさかのぼる。近所に大型書店が出来たので、父と2人で行ったのだ。その時『変身』を見つけて面白そうだな、と思ったものの薄かったので分厚さを求めて『海辺のカフカ』にしたのでした。なんて小学生だ。(結局某はるきさんは好みの作家にならなかった)

 なんてどうでもいいことはおいといて。『城』のはなしですよ。

 古典を読んでる気がしないっていうのは『罪と罰』でも思っていた。外国の文学は難しい漢字が少なくて、日本の古典よりすらすら読める。

 社会の不条理がよく出てくるのだけれど、なぜか暗い気持ちにならない。Kが起こったことは変わらないから次の一手を考えようってスタンスだからなんだろうな。与えられたチャンスを何とかいい方向へ向かうように頑張ってるのが好き。

 主人公なのに感情の振りが激しくないんですよねえ。どこか冷めている。むしろ周りの人があーだこーだ言っている。村長の話とか女将の話とか第三者のわたしですら何言ってんだこいつ状態なのに、Kは我慢強いんです、ほんと。 

 記憶に残ってる登場人物は助手。二人で一人にされたくないのに一緒に動いちゃうのが良かったのかな。あとハンスくん。12歳という微妙な時期を見事に表してる。おとなのようなこどものような、あやふやな感じ。

 いろいろ言いましたが、カフカ好きです。淡々としているのに飽きないからすごい。面白い面白くないで言えば面白くはないけれど、止まらないんです。

 でも、これ未完なのだ。しかも絶筆ではなく放棄らしい。他の二作の長編も放棄している。

 カフカも放棄しているのだからわたしも放棄、なんてことはしませんよ。最後まで頑張ります。いくつもの放棄があって物語は作られているんだなあと実感しました。

https://www.amazon.co.jp/%E5%9F%8E-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB/dp/4560047030/ref=pd_sim_14_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=EW1A9YV2TQ6ST83PBH4J

対話が面白かったというはなし

 たまには意味が分からない本を読むのも楽しい。

 面白かった!! 対話。対話だけど対話してない本。哲学的な話で難しいけれど読み飛ばしつつ、読み切る。段落が長くなるたびに読み飛ばせと書いてあったので、なんていいタイミングで!と思った。読み終えてから小説を読むとするする読めてびっくり。

 『虐殺器官』の影響ですっかり伊藤計劃氏にはまり、気になっていたドゥルーズの名を発見したので読んでみることに。好きな作品に出てくる作品も読みたくなるのはわたしだけかな。器官とか、平和な世界とか、帝国とか、おっと思う単語がたくさん出てきた。たぶん伊藤計劃氏はドゥルーズを読んでいる。

 考えるな感じろの精神で私なりに理解できた、と思う。感じることって大事。顔を失くした小説を書きたいものだ。わたし、が出張ってなかなか難しいけれど。

 気に入った一節を最後に引用。プルーストの言葉なので引用の引用になってしまうが、とっても好きな一節。解釈するのも楽しいけれどほどほどにしよう、と思ったのだった。

美しい本は一種の外国語で書かれている。ひとつひとつの語の下に私たちの一人一人は自分なりの意味を盛り込み、あるいは少なくとも、自分なりのイメージを盛り込む。そのイメージは誤読〔反対の意味〕になることもある。しかし美しい本の中で作り出される誤読はすべて美しいのだ。

(プルースト「サントブーヴに反論する」出口裕弘吉川一義訳、『プルースト全集14』、筑摩書房、1986年、388頁)

www.amazon.co.jp

わたしについて

堅苦しい言い回しで読みにくいとは思うが、ご容赦願う。独り言のような感じで書けたらと思っている。

続きを読む

ブログを新しくしました

こんにちは、守宮です。

tumblrで少し書いていたブログを新しくしました。

私は根っからの長文書きで、一つのことを長々と書いてしまう癖があります。

呟きだけじゃ足りないな、と思ったことをここにまとめることにしました。

私という一人の人間の考えを、頭のすみにでもおいといてもらえれば幸いです。

最後にどうでもいいことをひとつ。

二次創作をビブロンの名で、一次創作を泉の名ですることにしました。

ややこしければ守宮と呼んでもらって構いません。

一次と二次では書きたいことが違うため、分けようと思います。

これからよろしくお願いいたします。

91Days 12話感想

ついに、最終話。来てしまいましたね。一回通して見た感想です。覚えているつもりですが、セリフや展開に間違いがあるかもしれません。ご了承ください。今回は構成が過去と現在が入り乱れていて、いつにもまして複雑でしたね!そこが良い点だと私は思っています。

続きを読む

91Days 11話感想

本来ならば1話からが順当なのだろうけれど、最終話が近いのでここから。思ったことをつらつら書いていくので読みづらいかもしれません。また、セリフは正確ではありません。

 

続きを読む