読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とかげ手帳

手帳の中身のおすそわけ

91Days 11話感想

本来ならば1話からが順当なのだろうけれど、最終話が近いのでここから。思ったことをつらつら書いていくので読みづらいかもしれません。また、セリフは正確ではありません。

 

 

アヴィリオくんの憔悴。見てるのがつらかったな…。ネロの「寝てないのか?」って問い、わざとらしいと思ってた。ドンガラッシアとストレーガの登場。名前はずっと出ていたけれど姿を見るのはここが初めて。ヴィンセントはもう長くないな。血を吐いてたし。シカゴに誘われているアヴィリオくん。どうやってそんなにドンガラッシアと仲良くなったのか。謎の一つですね。

ガンゾとの作戦会議。名前を書かせたのは、ガンゾが首謀者の疑いをかけられないようにするため、かな。「急かすなよ。ものには順序があるだろ」最初は良く分からなかったけれど、これは始めにファミリーを潰す、という意味だったのかな。違った。隣の椅子にきっとコルテオの幻を見ていたのだろう。目は、隣に向いている。ガンゾを殺せと急かしているように見えたのかな。

ネロとバルベロこの時点でアヴィリオが怪しいと気づいてるよなあ。ネロは気づいた上で泳がせていたのか。何もできやしないと踏んでいたのか。「アヴィリオの生きがいは俺が与える」ってすでに与えられているようなものだけれどね。復讐するという意味で。

ヴィンセントの弱気な発言。甘い、甘いよ。「テスタを殺らなければファミリーはガラッシアに呑まれていた」ヴィンセントがガラッシアとひそかに通じていた→テスタがそれに気づいて正そうとした→表沙汰にされるとガラッシアが困る→ヴァネッティーはガラッシアに潰される、ということでヴィンセントとガラッシアの繋がりの証拠を消し去ろうとしたのかな。ガラッシアと手を組んだガンゾが乗っ取ろうとしているこの状況。つまりガラッシアが全て関わっている元凶だとアヴィリオは気づいたのかもしれない。

「ただいま」と声をかけるアヴィリオ…。やはりアヴィリオの居場所はコルテオのもとだったのか。たった一人の家族で、兄弟だものね…。「待っていたのかも、もう分からない」自分がなぜ復讐をするのか分からなくなっている?明日ですべて終わりなのは確かだけれど、何を以って終わりとするのか。ネロとヴィンセントを殺して?マフィアを殲滅して?それとも自分が死んで?ここもまだ、分からないところ。復讐の裏には、コルテオがマフィアの影に怯えず、幸せに生きられるようにという願いも込められていたのかもしれない。コルテオがいない今、何のために復讐をしたいのか分からなくなっているのだろうか。コルテオの幻が現れる演出、大好きです。

ヴィンセントの『夢』である劇場。夢は夢でも悪夢の始まりですね。バルベロがとても怪しんでいる。アヴィリオもそれに気づいて、わざと怪しい行動をとったんだろうな。

デルトロとガラッシアの人の攻防。さすが戦地を生き延びた男。2ヵ所にナイフが刺さっていても相手の首をねじ折り、3回目刺されてもきっちり首にナイフ刺して殺している。この2人、暗殺者には向いてないな…。一回で確実に仕留めないと。とどめはアヴィリオくんだろうなと思ってた。殺しにも手慣れてきたね。ちゃんと心臓一突きで息の根を止める。バルベロに発見させるのは計画のうちかな。もしもデルトロが死んでいても、とどめを刺しているところは見せていそうだ。

手紙を読ませて、ガンゾを呼ぶ。バルベロはネロを呼ばないだろうと見越していたのかな。「…ネロは呼ぶな」の言い方が好きです。ガンゾが来た後の白々しい言い草に笑えてくる。黒幕の張本人ですってバルベロに言いたい。ガンゾも性格悪いよなあ。「こいつはネロの右腕だったしな」って禁句でしょうに。ほら、バルベロ取り乱しちゃった。ここのカメラが不安定なの、バルベロの心の動きみたいですごく良い。「見苦しいやつだな」ってガラス玉のような瞳で言うアヴィリオくん。2人してバルベロを追い詰めて…。「俺はネロを…」守るって言う前に殺しちゃうガンゾ本当、無神経だな。「むしろおあつらえ向きの状況じゃないか」アヴィリオくんにとって、ね。どこからこのシナリオを考えていたのかな。初めからだろうな。「俺なら狙撃するな」ネロを撹乱するガンゾ。確かにガンゾはしそう。ゴルゴに似てるし。

「さあ、クライマックスだ」ストレーガとガンゾの2人は自分の手を汚さずに頂点に立ちたいのだろうな。一番人間らしい気がする。

ヴィンセントとドンガラッシアの部屋にたどり着くアヴィリオ。階段をゆらりゆらりと登っていく様子が不気味で良い。ドンガラッシアは計画を知らない、とストレーガが言っていたけれど薄々は感づいていただろうと思う。自分の甥の行動ぐらい分かるよね。だから快く出迎えた。まさか自分が殺されるとは知らずに。「全てを奪ってやる」というのは、ファミリーを表していたのだろうか。ヴィンセントを殺しても、ファミリーはそこにあり続けるもの。ガラッシアとの全面抗争に仕向けることで潰そうと考えたのかな。

抗争が始まる中、ネロが駆け付ける。人波にまぎれるアヴィリオを見つけるが、ヴィンセントのもとへ。ヴィンセントの死は病状の悪化が原因かな。「すべてはむだごと」ヴィンセントが親友のテスタを殺さなければならなかったことも、ネロが兄弟のフラテを殺さなければならなかったことも。ガラッシアと戦わずにすむ方法を必死に考えて、『ファミリーを守るため』にやってきたことはすべて水泡に帰した。そしてネロの瞳が以前のアヴィリオのように…。復讐に燃える瞳になってしまった。

路地裏。アヴィリオが力なく座り込む。「コルテオ…やったぞ…」コルテオの影。目をつむるアヴィリオ。 アヴィリオの真意は、マフィアをLawlessから一掃することだと私は思っている。 コルテオはアヴィリオの復讐のために力を尽くして行動し、死んでいった。だから今度はアヴィリオがコルテオのために行動して死ぬのかなと。コルテオはマフィアが嫌いだものね。自分を含めたマフィアを殲滅することが、復讐であり、アヴィリオにとっての終わりなんだろう。殺し合いがあ始まったことを見届けて、この言葉なのかな。でも、ネロとストレーガが生きてるのはどうするつもりなんだろう。謎。

最後にストレーガ登場。用済みになったアヴィリオを殺しに来たのでは、と私は考えている。ストレーガの言い分として、『ドンヴァネッティーの右腕であるアヴィリオがドンガラッシアを殺した。そこで、ヴァネッティーファミリーがガラッシアファミリーに敵意があるとみなし、攻撃した』だろうから。アヴィリオがこの事件の元凶だと思わせる作戦を考えているのだと思う。向こうから手を出してきたから、こちらは悪くない、という筋書き。

12話予想。アヴィリオが殺される前にネロが登場。ストレーガとネロとアヴィリオの三つ巴。ネロが生き残るか、ストレーガの一人勝ちか、全員共倒れか。アヴィリオ生存は考えていない。私の勝手な希望だけれども。ネロがやってこない展開だと、ストレーガとアヴィリオが共倒れしてるのを見つけるか、アヴィリオが死んでいるのを見つけてストレーガを殺すのか。でも、展開的に三つ巴が盛り上がるだろうな。アヴィリオが狙われているところにネロが登場。ストレーガがネロを撃つ。アヴィリオがそれをかばって死ぬ。という展開もあり得なくはない。結局今回アヴィリオはデルトロとドンガラッシアしか殺していないし。元々の復讐の相手は誰ひとり殺していないからなあ。ネロが全てのマフィアを統率すれば余計な争いは起こらないと考えているかもしれない。いい具合に期待を外してくるんだろうな。予測がつかなくて面白い。

 

一回目に見た時は、めまぐるしく起こったことを整理するので手いっぱい。疑問が浮かんでから考える暇もなく、次の出来事が起こって、もの凄く濃密な30分だった。見てる間は、やけくそになったのかとか復讐はやめたのかとか、とんちんかんなことしか考えられなかった。 見終わった後、しばらくぐるぐる考えていて、私はやっとアヴィリオの真意が分かったような気がした。

最終回がどうなるか、こんなに楽しみなアニメは今までになかったと思う。ドキドキしながらあと3日、待ってます。